遠距離介護に必要な備えとは

遠距離介護を行う場合には、親が孤立しないように様々な人たちが見守ってくれる体制を整えると安心できます。ホームヘルプサービスや配食サービスなどを利用することで、定期的に誰かが実家を訪れるようにすると、何か異変があった際に知らせてもらえます。社会福祉協議会などに登録してあるボランティアグループを探しておくと安心できるでしょう。

介護保険で要支援・要介護の認定が出た場合には、住宅改修費用を申請することも可能です。風呂やトイレが旧式で危険だと思われたら、バリアフリー仕様にリフォームしたり、必要なところに手すりを取り付けるなど安全な生活環境を整えるようにすると安心できます。

また、親が日常生活に不自由を感じているようであれば、早めに福祉サービスを導入するようにするといいでしょう。火の始末が心配なときには電磁調理器具や電気暖房器具を取り入れるといいでしょう。一人暮らしの親の場合には、寝室や居間など赤外線センサーを設置して、日常の生活の様子を子供に知らせる機器もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です