介護におけるケアプランの注意

介護保険におけるケアプランとは、正式名称を「介護サービス計画」といい、いわば1週間にどのような介護サービスを受けるかという介護の時間割のようなものです。ほとんどの場合にはケアマネージャーによって作成されますが、その場合にも必ず本人や家族の意見を求めることになっています。

もちろん介護サービスを受ける本人や家族がケアプランを受けることもできます。介護保険の基本的な考え方は、サービスを受ける側の自由な選択とサービスを受ける側の自由競争が基本になっていますので、介護サービスを受ける人にとってもっとも良いサービスとは何か、その人らしい、あるいはその人が望む生活をするには何が必要であるのかをよく検討して選ぶことが必要になります。自分で立てるということは、あくまで介護を受ける人にふさわしいプランを検討するためです。
このサービスに関して、「サービス提供表」などの関係書類には“単位”という用語が頻繁に出てきます。これは介護保険の報酬単価の基礎となる用語で、一般的には1単位が10円に相当します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です