メディアリテラシーと情報について

情報化社会が急速に発展している中、メディアリテラシーの必要性について叫ばれています。

我々はニュースや新聞からたくさんの情報を手に入れることができるのですが、その情報が真実であるか、という事に関しては実際に取材した人にしかわからないものです。

そこで、自分で正しい情報はなんたるか、ということを取材し、ネットなどで調べることが、一種のメディアリテラシーといえるでしょう。

ただ、情報が真実かどうかというのが厳密には難しく、どれだけ真実の情報を訴えたとしても、それが人々の共有する世界観からかけ離れているのであれば、人々に受け入れられません。

なので、情報のメディアリテラシーを考えるには、人々がどういったうな思考構造で考えているのかという点から考え始める必要があるでしょう。

30